So-net無料ブログ作成

大会十七日目 [サッカー]

日本国内(特に自分の周囲)では、W杯ネタを口にする人がさぁ~と波が引いていくように居なくなってしまい、寂しい今日このごろ。
そんなこととは逆行して準々決勝を迎え、さらにワクワク倍増のオイラ。w

<<イングランドvsエクアドル>>

今日はクラウチオーウェンがいない状況の中で悪童ルーニーが1トップのイングランド先発メンバー。

前半10分、いきなりエクアドルに決定機。
テリーが頭でクリアし損ねたボールをCテノリオが見逃さずに拾い、完全にフリーで決定的なシュートを放つ。しかし猛ダッシュで戻ってきたコールが間一髪、スライディングで体を入れてわずかにコースが変わったボールはバーに弾かれてイングランドにとっては命拾い。ふぅ~、って感じ。

その後は膠着状態で、Cテノリオ中心にロングボールで速攻を見せるが、イングランドのお得意オフサイドトラップの罠に引っかかってどうしても決定機がないエクアドル。
イングランドもルーニーの足取りが重そう。ってかまた自分に怒っているのか。w

後半は両国ともメンバー変更はないまま。

後半15分、絶好な位置からのFKをゲットしたイングランド。
蹴るのはもちろんベッカム
おい、ビクトリアが見てるぞ。ちょっとグラサンがでか過ぎやしねぇか。

とテレビ前で茶々をいれていたと思ったら、もう蹴ってた。
キーパーがわずかに触れるが弾くことはできず、ゴール左側にボールが吸い込まれてついにイングランドが先制。
うーん、やっぱベッカムのFKは精度がいいなぁと関心。
でも試合途中でゲロしてた。試合前に喰い過ぎじゃなぇか。w

このまま逃げ切ったイングランドがベスト8一番乗り。




-----

<<ポルトガルvsオランダ>>

今大会屈指の好カード。(いや、オイラ的にね)

歴史的一戦になろうとは誰が予想したことか。

結果は1-0でポルトガルの勝利。

多くは語るのは止めにしておこう。
とにかく荒れた試合。
退場者4名。イエローカード16枚はW杯の歴史においても最高記録。
(っていうかこの場合は最低記録かなw)

しげるデココスティーニャもレッドで退場。
C・ロナウドも太腿打撲で早々に交代しちゃったし。
カルバーリョも負傷。

20060626_1
デコ、ハシャギ過ぎの図。

勝ったとはいえ、次戦準々決勝イングランド戦、大きく戦力ダウンすることは必至。
やばーーい。
ここは正念場だ。
日本から応援してるぜ。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(8) 

nice! 0

コメント 2

川の果て

こんにちは。
初日はともかく、ここ二日ほどイマイチな内容の試合が続いていますね。最後ブラジルと西仏戦には期待したいところですが、後者はイマイチ同士な試合ではたしてどうなるでしょうか…
by 川の果て (2006-06-27 17:06) 

barca

<b>川の果てさん></b>
コメントありがとうございます。
決勝Tは実力が均衡してて面白いですよね。
さすがに6-0とかの試合は無いですけど。
今日あたりロニーに爆発して欲しいです。
フラストレーションがたまってきました。(笑)
by barca (2006-06-27 17:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。